2017-10

« 12345678910111213141516171819202122232425262728293031»
entry_header

るくLook

管理人がプレイしているオンラインゲームの日々をつづる日誌となっております。
entry_header

--/--/-- (--) --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
entry_header

2005/08/20 (Sat) 11:33

夏の怪談話。

今回はちょっと前のお話です。
と、言うことで、悩める生物学者ルクハです。こんにちは。
DA0025.jpg


途中まで書いていた内容が全消しされてしまってちょっぴりショック・・・でも元気出していきましょう。

さて、今回のお話は、最中さんのところでも紹介されていたウルのお話です。
最中さんは、生物学しかとりえの無いルクハを、いつも色々な冒険に連れて行ってくれます。
玉に

アレキサンドリアからバスラへ

などと言われる時もありますが、それはそれでとても楽しい冒険です。

そんなわけで一足飛びにバスラ郊外にやってきました。
目指すは郊外の更に奥、ウル地方です。
DA0026.jpg

木陰に隠れたシャイなあんちくしょうに見守られつつ、進みます。
DA0027.jpg

そして発見。
DA0028.jpg

ちょっとルクハが邪魔ですが、ご勘弁ください。
DA0030.jpg

遠めに見える白い石段。
あの砂に洗われた石段を上まで駆け上り、周りを見渡せばどんな絶景が待っているのでしょうか。
そんな想像を誰もがするでしょう。
絶対します。
しない人はしてください、お願いします。

しかし現実は甘くなく。
DA0029.jpg

こんな時にでも、掘るとか言ってる人がいます

いやいや、やはりここは正面からじゃないと。
なんの為に正面に見張りの人がいるのですか。
あの障害物を乗り越えてこそ、絶景が手に入るのです。
DA0031.jpg


DA0032.jpg

まぁ、そんなことは無かったですが。
階段に触れた途端画面が切り替わり・・・
これが本当の階段話。
ははははは(乾いた笑い)

お粗末さまでした。<(_ _)>
スポンサーサイト
entry_header

COMMENT

つくづく掘ることの大切さを教えられた、そんな遺跡ですね…

掘る事は 男のロマンですね
でも私にはそのロマンがわからないのですよ、
陸を走っていると 大地に生気を吸い取られ、掘る前に息絶えます
ってか 掘るスキル持ってないんだけどね。

こんばんわ(^∇^)ノ
私はまだ地中海をウロウロしてます~
はやく成長させてあげなくちゃ(^-^;)

>最中さん
いつも楽しそうに掘っていますものね・・・あの姿には感動すら覚えます。

>Rinさん
多分そのロマンは、料理人たちが調理を延々と繰り返すのと同じロマンなのですよ。
みんなロマンチストなんですね(*^_^*)

>サギリン
こんばんは^^
いつも思いがけない場所で会うのでちょっとびっくりします(笑)
何も急ぐことはないと思いますよ~
のんびり進みましょう(*^ー゚)v

Please write a comment!


管理者にだけ表示を許可する

entry_header

TRACKBACK URL

http://rukuha.blog5.fc2.com/tb.php/22-8a322d9a

side_header

side menu

プロフィール

瑠玖羽

  • Author:瑠玖羽
  • 生物学者見習いの
    "るくは"です。
    軍隊コアラを見つけて
    一攫千金を狙います。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

MATERIAL

【背景素材、他】
FC2blogの着せ替えブログ
side_footer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。